10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

 

 
Stellaタグ



 洋服店のショーウィンドウの中では、煌びやかな衣装と共にネオンが光る。それが、大きなクリスマスツリーに飾られた金色のベルに映ってひと際輝いた。明日の夜には、恋人たちが写真を撮るために群れるのだろう。その光景を彼とともに眺めるのを想像して、笑みが漏れた。いつか言っていたように、人込みは苦手なんだって遠巻きに見ようとするのだろう。それを私が引っ張って……。
 うん、明日はここにも寄ろう。
 
 札幌駅の赤いオブジェに集合して、それから歩いてすぐの赤レンガテラスで食事をして、大通り公園でイルミネーションを見る。それが明日のデートプランだった。ミュンヘン・クリスマス市で買い物をしても良いし、せっかくだからテレビ塔にのぼるのも悪くない。他に寄りたいところがあったら、当日までに考えておいてよ。そんなやり取りをしたのが二日前。文字越しに彼の微笑みを想像して、寮のルームメイトにからかわれたのを思い出す。

 彼は札幌の中央区に住む社会人で、私は田舎出身の手稲の大学生。住む世界が違うような気がして、引け目を感じていたから、クリスマスの夜を空けてくれたのが本当に嬉しかったのだ。下見に行きたいので、今日の家事当番を代わって欲しいとルームメイトに頼むと、にやりと笑って送り出された。「これは貸しだからね」なんてことを言う。

 しばらく歩くと目の前にイルミネーションが広がった。青から白へ、波のように光が躍る。今年のテーマはなんだったろうか。遅くなってしまったために見物客はまばらで、ゆっくり眺めながら歩く。ミュンヘン・クリスマス市を覗くと、店はどこも閉まっていた。大学で予定を済ませてから来たのを後悔する。仕方なく、ログハウスの小窓から商品を眺めた。スノーマンやサンタクロースが所狭しと並ぶ。よく見ると、少しずつ表情が違うのだ。

 次のお店は……。移動しようと顔を上げた時、向こうからカップルが歩いて来るのが見えた。社会人のようで、会社帰りなのか二人ともスーツを着ていた。どこのブランドだっただろう、コートは彼とお揃いだ。社会人の間では流行っているのかも知れない。彼女のタイトスカートからのびる美脚は生足で、寒くないのかなと思う。閉店した市場は電灯が少なくて、あまり顔は見えない。それでも、スーツの似合う長身の彼らは、美男美女かな、なんて勝手に想像する。
近づいてくるにつれ、なんだか鉢合わせるのが恥ずかしくなって窓のほうへ向き直る。少しお酒が入っているのだろうか、彼女の大きな笑い声が閉店した市場に響く。なんとなく興味が湧いて、あるいは彼らの関係に憧れたのかもしれないが、窓越しに二人を見てやろうという気になった。段々雪を踏む音が近づいて来る。
 
 閉店した店の窓は、辺りをよく映す。ログハウスの小窓が写し取ったのは、美人の彼女の首に巻かれた見慣れたマフラーだった。体がキュッと強張る。彼女の笑い声に交じって、よく知った優しい声が聞こえた。
「寒くない?」
「うん。マフラー、ありがとね」
 
 振りむいた先に見えた後ろ姿は幸せそうで、おろした手はしっかりと繋れていた。スーツの後ろポケットを、煙草の箱で膨らませるのは彼の癖だった。少しごつごつした手が、彼女の髪を撫ぜる。『お似合い』のカップルだった。そうそう、今日はクリスマス・イヴだっけ……。

 クリスマス市をでてイルミネーションへ戻ると、LEDの光は一斉に消えてしまった。時計台は十時を指していた。そうか、もう終わってしまったのだ。
 手稲に戻る電車の中で、明日の断りのラインを送った。ほどなくして「わかった」とだけ返事が来た。

部屋に戻ると、ルームメイトが笑顔で迎えてくれた。知ってか知らずか何も聞かない彼女の優しさを感じる。「今日は冷えるね」そう言って入れてくれたココアの甘さが、体にじんわりと染みた。


こんばんは。お久しぶりです。

親知らずを全身麻酔で全摘したり、謎のリンパの腫れで高熱に悩まされたりなどしていました苦笑

それから21歳になりました。


このブログを始めたのは高校生になる年ですからね、早いものです……・。

これからものそのそ更新ですがよろしくお願いしますm(__)m


さて、今回の小説は、サークルの文芸会で即興で書いたお題小説です。

テーマは、「クリスマス、ココア、背伸び」

どうりで変な時期にクリスマスが出てくるわけでしょ……・笑

固有名詞を使いたくて北海道は札幌市を舞台に。(動機が。。。)

実は夜にしか行ったことが無いので、ミュンヘン・クリスマス市がちゃんと開いているのは見たことないのですよ……トホホ

いつかちゃんと行ってみたいところ。


ではでは、良い夜を
関連記事
スポンサーサイト
短編いろいろの関連記事

[edit]

« トップ記事!!  |  物を捨てる »

コメント

こんばんは~。

こんばんは~。
お久しぶりです。

キュンとくるお話しでした。
札幌のクリスマス、きっと素敵なんだろうなぁ、と想像しています。
なんか札幌というだけでロマンチックなイメージなんですよね。
描かれていく街の細かい描写が素敵です。
雪を絡めて欲しかったような気もしますが・・・。
そんな街の中、きちんとリハーサル中の彼女に降りかかる災難。
まさかそんな事って・・・近づいてくるカップルに妙な予感を感じながらうろたえてしまいます。
見慣れたマフラー?
よく知った優しい声?
信じられなくてサキは戻って読み返してしまいましたよ。
辛いですよね。
彼はいったい何を考えているんでしょうね。
お似合いだったんだ。
ルームメイトの気遣いが、ヒロインの復活の助けになることを祈ります。

月日の流れは速いですね。
スカイさん、21歳!もう高校生じゃないんだ。
ですよね。サキがブログを始めてからでも6年が経過しているんですから。
だからこんな素敵な、そして少し酸っぱくてちょっと苦い、そんなストーリーを書かれるようになったのかな?
親知らずで全身麻酔?リンパ腫の炎症?それは大変でしたね。生きていると色々と起こります。
くれぐれもお大事に。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL
2017/10/13 22:43 * edit *

あらら……

こんばんは。

なんだかつらいクリスマスのお話。
そうか、日本だとイヴが本番だから本命と過ごし、25日はセカンドに空けられるんでしたね。
こちらは25日は日本の正月と同じなので順番は逆です。

純情な女の子と、お似合いの彼女の両方を裏切った「彼」。バチがあたるぞ。

札幌の華やかながらもどこか透明な哀しさが漂う描写と、女の子の心情が重なったとても美しい掌編でした。スカイさんがこういう作品を書かれるようになったというところにも、大人になったんだなあという感慨を持ちます。

親知らずの件、高熱の件、大変でしたね。もう大丈夫になられましたか。
どうかお大事になさってくださいね。

八少女 夕 #9yMhI49k | URL
2017/10/16 02:29 * edit *

サキさま

お久しぶりです、こんばんは。

札幌のクリスマス、確かにロマンチックなイメージがあるかも。
ああっ、雪も絡めたら良かったですね! 如何せん今は秋ですから、雪のことはすっかり忘れて居ました……
風景描写は、今回の課題で、出来るだけ丁寧に書いたつもりです。そう言って頂けると嬉しい!

デートのリハーサルなんて、彼女結構浮かれてる?
今ならネットで簡単に調べられますし、相当気合入っていますよね。それなのに、あーあ…
ちょっと背伸びをした恋は終わりを告げてしまいました。
本当、彼は何を考えているんでしょうね!笑
彼女には、これから良い人に巡り合えることを願います。

月日の流れ、本当早いですね!
そうなんです、もう高校生ブロガーではないんですよ。
ブログを始めた頃だったら、こんな話は絶対に書かなかっただろうなぁ……
その分、今は昔夢中になった世界にあまり遊びに行けなくなってしまって、少し寂しいです。
本当、生きていると色々起こりますね。最近は、急に寒くなってきましたから、サキさんも風邪など気を付けてくださいね!

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2017/10/19 22:36 * edit *

夕さま

こんばんは。

何となく、イヴのほうが特別!って感じがします。なんでだろう?
小さい頃、イヴはプレゼントを待つワクワクするような夜で、クリスマスはおまけな感じでした。
本当は、25日が本命ですよね~!
ハロウィン然り、日本に入ってきてから変化したイベントが沢山ありますよね。
商業作戦にまんまと乗せられている?笑

彼にはいつかバチが当たるのかも笑
現代を生きる人間をこうして動かしたのは、実はこの短編が初めてだったのですが、なんとなーく形になってよかったです。
風景は札幌の景色を思い出しながら書いたので、雰囲気だけでも伝わると嬉しいです!
ブログを初めていつの間にか六年。昔だったらこういうお話は絶対書かなかったんだろうなあ……。
その時その時の記録として、こうして形に残していくのは面白いかも。(見返してこっ恥ずかしくなりそう……)

リンパの熱、なんだかまだまだ長引きそうです(-_-;)
夕さんもお身体に気を付けてくださいね。

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2017/10/19 22:47 * edit *

こんにちは。お久しぶりです。
毎日寒い雨の日が続きますが、そちらのお天気はどうですか?

はじめて12月の初めに札幌に行った日の事を思い出しました。
6年くらい前かな?
大通公園には、ちゃんとミュンヘン市が出ていましたよ。
初めて見たのですが、これは恒例のイベントなのですね^^
札幌のクリスマスは本当にメルヘンチックで、ふわふわの雪が降ってて、最高の思い出でした。

でもこの物語の彼女には、悲しい思い出になっちゃいましたね。
だけどきっと、またもっといい出会いがあるはず。
次はもっと素敵な彼氏と、札幌のクリスマスをリベンジ、ですね^^

lime #GCA3nAmE | URL
2017/10/22 16:05 * edit *

なんだ~

何だ、この男は! と思った私は、きっともうおばちゃんなんですね。
おばちゃんとしてはこういう男は許せん、と思うのですが……考えてみたら、彼女の方の一方的な独白の形で物語が書かれているから、たとえば、つきあっているという関係じゃなくて、普通に恋人未満な関係ってこともあり得ますよね。彼女が一人で舞い上がっている構図かもしれないし。
でも、一方的な思い入れであっても、彼女の気持ちは分かるなぁ。え、っと、もう遠い昔の思い出ですけれど(ん?)。
彼の方としては「そんなつもりじゃないよ、君の気持ちは知ってるけどね、でも喜んでくれるなら一緒に出かけてもいいよ」なんて思っているんだろうなぁ。
でも、早くに分かって良かった。きっとまた新しい出会いがあるでしょう!

あ、クリスマス・ミュンヘン市、2回ほど行きましたよ。夜だったか昼だったか、記憶は定かではないけれど、嵐くんのコンサートin札幌に行った時に。スノードームが好きなので、そこで買いました(*^_^*)
うん。クリスマスの時期に立つ市っていいですよね。何だか北国でも暖かい感じがします。
ちょっと切ないけれど、すてきなお話、ありがとうございました。

大海彩洋 #nLQskDKw | URL
2017/10/30 19:52 * edit *

limeさま

お返事が遅くなってすみません。
こんばんは、お久しぶりです!

ここ最近は本当に冷え込んできていますね……。
limeさんもお体に気を付けてくださいね。

おおー!ミュンヘン市出ていましたか。
そうなんです。イルミネーションと合わせて恒例イベントのようです。
大通公園は、何かとイベントが多いですね。
ふわふわ雪、メルヘンチックで良いですね(^^♪
これでドサーッと重たい雪が降ってしまうと歩き回るのも大変。ふわふわ雪が調度良い具合です。

この主人公は、悲しい思い出にしちゃいました……(-_-;)
なにもクリスマスイブに発覚しなくても笑
この下見を生かして、素敵なデートをして欲しいものです♪

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2017/11/14 00:32 * edit *

彩洋さま

お返事遅くなってすみません。
こんばんは!

いえいえ、私も最低男だな~なんて思いながら……。
彼女、結構背伸びしてますよね。大人の男の人と付き合っている、と浮かれちゃってます。
もしかしたら、彼的には付き合ってるつもりじゃ無かったのかも?

> 彼の方としては「そんなつもりじゃないよ、君の気持ちは知ってるけどね、でも喜んでくれるなら一緒に出かけてもいいよ」なんて思っているんだろうなぁ。

本当、こんなこと思ってそう(笑)
彼女はそんなこと知らず、何度も鏡の前に立って用意した服が、何日も前から部屋にかかっていたりして……
クリスマスイブに発覚なんて悲しいけれど、新しい出会いへ歩き始めて欲しいです。

彩洋さんも行ったのですね!
コンサート冬だったのですね(^^♪
スノードーム良いですよね。私が行ったのは夜で、生憎店は閉まっていたのですが……
暖かい感じわかります!ログハウスの窓から漏れる部屋の明かりとか良いなって思います。
こちらこそ、読んでいただきありがとうございました!

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2017/11/14 00:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tegamibatilove.blog.fc2.com/tb.php/289-c9c4e61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。