10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

獏の見た夢 1.帽子の男 


20120907215857248_201604291510463fa.jpg



獏の見た夢 


1.帽子の男

 今日の日付はわからない。ここがどこなのかもさっぱ りわからない。
  ここに来てから、おそらく三日たった。
 昨日起こったことが忘れられない。
 これから、この不思議な世界の記録をつけていこうと思う。
                  
                      『誰かの日記』より抜粋




***

 森の中などで、突然人が居なくなることを『神隠し』と言ったりする。  
 じゃあ、これは?
 彼女は自分に問い掛ける。
 今彼女にわかっている事は、目が覚めたら見知らぬ場所にいた、ただそれだけ。少し前まで自分がどこにいたのかさえわからななかった。
 整理された部屋を見回す。全体が暖色でまとめられた落ち着いた部屋だ。窓は一つあるようだったが、クリーム色のカーテンがかかっていた。彼女が寝ていた寝台の脇に置かれた、繊細な装飾の施された木製の椅子には、一組の洋服が置いてある。これに着替えろということだろうか。
なるほど、自身が身につけているものは、寝巻のように見える。お世辞にも良い生地とは言えない、ごわごわとした固い布で、淡い青が独特の斑な模様を作っている。彼女には少しサイズが大きいのだろう、ぶかぶかの服は身体のシルエットを隠す。囚人服のようだ。と彼女は思った。
 
 のろのろと洋服を手に取り、着替えながら現状を整理する。記憶が無くても、案外平然としているものだ。自分が女だということはわかる。しかしそれ以外には、自分がどんな顔なのかさえも鏡のない部屋では確かめることができなかった。
 「そういうの、困るんだよね」
 ぼやきながら全身を見回す。白いぶかぶかのパーカーから伸びた黒色のジーンズは、細長いシルエットを浮かばせる。
 準備運動の要領で身体を動かす。「……ん」一体いつからここに寝ていたのだろう。久しぶりに動いたのか、動かすたびに痺れるような痛みをともなった。
 大きな伸びをしたとき、身体から何かが落ちるのが目に入る。服に付いていたのだろうか。落ちたのはメッセージカードで、几帳面そうな整った文字が並んでいた。

『目が覚めたら、服に着替えて、一階に来て下さい。部屋を出て右手に階段があります。階段を降りて、二番目の部屋に入ってください。帽子を被った男が待っています。』
 
「…………これは、」
 私に、か。ポツリと呟いて、紙を弄ぶ。
 逃げてみようか。
 そんな考えがふと浮かんだ。自分が誰で、ここはどこなのか。 そんなことすらもわからないのに、ここが安全なんてどうして言えるだろう。
 一通り部屋は調べた。上質な箪笥には埃一つ入っていなかった。遮光カーテンの向こうは、生い茂る樹が見えるばかりだ。このまま部屋にいても、埒が明かない。うんうんと考えを巡らせる。
 とりあえず、帽子の男に会おう。それで何かあったら、それまでだ。
 よし。呟くと、紙を折り畳んで、ポケットにねじ込む。捲った袖から細い筋肉質の腕が伸びる。
 
 「でも、その前に……」この建物内を散策してみよう。記憶があったとしても、こうして行動した気がした。好奇心が首をもたげる。
 アンティーク風の装飾が施されたドアノブに手をかけ、そっと扉を開ける。彼女の予想に反して、扉は音もなく開いた。
 顔だけを出して左右を見渡す。メッセージカードに書いてあった通り、廊下の突き当たりには階段があるようだ。彼女が当初想像したよりも、かなり遠くではあるが。
「意外と広い……」
 階段まで、壁には等間隔で扉がある。他にも住んでいる人がいるのだろうか。決して狭くは無い部屋が、いくつか並んでいるようだった。
 彼女が今いる所は、どうやら大きな建物のようで、振り返った先にも長く廊下が伸びていた。スパイのように、キョロキョロと左右に目をやる。誰もいないことを確認すると、彼女はメッセージカードの言葉とは反対の方向に、階段を背にして歩き出した。
 ゆっくりと壁伝いに歩いていた彼女は、二つ目のドアの前で立ち止まった。中から声がする。声の高さからして、男性だろうか。口論をしているのか、時折怒鳴り声がまざる。
 好奇心をくすぐられ、盗み聞きをしてやろう、と扉に近づき耳を澄ます。ちょうどその時、特別大きな声が聞こえ、それはすぐに足
音に替わった。コツコツと、足音は扉に近づいてくる。
  「……あ、これやばい」部屋の主は、もう扉の側にいるはずだ。きっとすぐにドアが開く。頭ではわかっていても、動くことが出来ない。今は開けちゃダメだって。彼女の心の叫びはあえなく破れ、張り付いていた彼女ごと、扉が勢いよく開いた。
「……! うわっ、悪い、大丈夫か!?」
「痛……」
 倒れ込んだ彼女に、部屋の主も驚いてかけ寄って来る。大丈夫か? 声をかけられて、ゆっくりと顔をあげる。
 革靴、黒のパンツスーツ、それからワイシャツにグレーのベスト。整った顔はあまりに色白で健康的とはいえない。
 そして最後に見えたのはカーキ色のキャスケット――「……あ」部屋から出てきたのは、今はあまり会いたくなかった帽子の男だった。

 

   


こんばんは。

小説です。新作です。連載です。わぉ!

外は雨で、朝からパソコンに向かっています。

体が凝り固まっているので、ストレッチをしながら……うーん、気持ち悪ー……。

さて「獏の見た夢」は、受験勉強中に出来たお話。

このブログの中では、今ある小説の中で一番長くなると思います。

しばらくの間、お付き合いください(^^)/


関連記事
スポンサーサイト
獏の見た夢の関連記事

[edit]

« 表紙絵メイキング  |  お知らせいろいろ »

コメント

わ〜い

こんばんは。

なんとスカイさんの新作が!
嬉しいですね。
やっと本格復帰なさったって実感が、じわじわと。

そして、なんとも心惹かれるオープニング。
なぜそこにいるのかわからない女の子のドキドキする冒険。
なかなか素敵なお屋敷みたいだし、居着いちゃうのも悪くないんじゃないかと思いますけれど。
それに帽子の男もハンサムなようですし。
(結局それか、私!)

これは続きが楽しみです。
あ、「星恋詩」も楽しみにしていますよ!

八少女 夕 #9yMhI49k | URL
2016/04/30 05:43 * edit *

夕さま

こんばんは。
お返事遅くなりました!

ええ、ようやっと新作です!連載です!笑
2年も留守にしていたんだなぁと、しみじみ。

ふふ、定番?の目が覚めたら~ってやつです(笑)
これから彼女を中心として物語が回り始めます。

お屋敷って実際に入ったことがあまりないので、写真やらをあさって想像で組み立てています……
帽子の男もなかなかハンサム。
いやいや、結構重要ですよ(笑)

星恋詩も執筆中です!!
少々お待ちを……!

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2016/05/05 20:15 * edit *

うん

不思議で心惹かれるオープニングですね。
ファンタジーものって自分では書かないし、あまり読むこともないのですけれど、こんな出だしならグイッと惹きつけられちゃいます。
あ、ファンタジーなのか、ミステリーの出だしと言ってもいいかもしれませんね。そう言えば、宮部みゆきさんの某ミステリーの出だしも、目が覚めたら知らない部屋で自分が誰かも思い出せない……ってのがありましたが(あれは純粋にミステリー)、こちらはドアを開けた廊下のイメージもファンタジックで、何だかこの世ならざるイメージです。
何が始まるのか、どこへ行くのか、わくわくです。
Stellaの連載なのですね。続きも楽しみにしていますね!!

大海彩洋 #nLQskDKw | URL
2016/05/07 15:08 * edit *

こちら読ませてもらいました♪
この後どうなるんだろう(ドキドキ
女の子がなぜここにいるのかも分からないし帽子の男もいったい何者なのか……

怖い話になるのか、ハートウォーミングな話になるのか、恋愛ものなのか…続きが気になります(>ω<)更新まってます( ´∀`)bグッ!

たおる #- | URL
2016/05/07 22:30 * edit *

こんばんは~。

わぁ!素敵なオープニングです。
目が覚めたら・・・のシチュエーションは「シスカ」でも使いましたが、これはワクワクしますね。大好きです。
自分が誰だかわからない、ここがどこだか、いつだかもわからないってとっても不安なんでしょうけど、とっても素敵な事です。
過去のしがらみも気にすることも無く、これから何かを始めるきっかけにもなりそうです。人生のリセットというのは全ての人の隠れた願望なんでしょうね。

でもさっそくメッセージカードに書いてあることは無視、階段を降りた先で待っているはずの帽子の男との予期せぬ出会い、長編なのですね?心して、そして楽しみに先を待ちます。

山西 サキ #0t8Ai07g | URL
2016/05/07 22:37 * edit *

彩洋さま

こんばんは。

またもやファンタジーです(笑)
とりあえず、現実を舞台にするのはまだまだ修行が必要そう……

宮部みゆきさんのミステリーはあまり読んだことがないのですが、結構定番ネタかも。
目が覚めたら自分の知らない場所にいる。想像したら怖いですよね……。

Stellaで連載予定です! これから彼らの物語にどうかお付き合いください!

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2016/05/10 00:55 * edit *

たおるさま

こんばんは。

読んでくださってありがとうございます!
まだ序盤の序盤ですから、登場人物も少ないですが、ぼちぼち増えてきます。

しばらくお付き合いいただけると幸いです(^^)/

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2016/05/10 01:05 * edit *

サキさま

こんばんは。

ありがとうございます!
目が覚めたらシチュエーションいいですよね。

人生リセット、確かに憧れありますよね。
新たな気持ちでスタートを切ると、何となくうまくいきそうな気もしますし(笑)

無視したりなんかしてると、結構ばったり遭遇します。
会いたくない時ほど、ばったり会っちゃう(笑)

サキさんや、他の皆さんが書かれているようなしっかりとした長編に出来るか不安なのですが、長編の予定です。
これから彼らを見守ってみてください(^^)/

コメントありがとうございました!!

スカイ #- | URL
2016/05/10 01:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tegamibatilove.blog.fc2.com/tb.php/241-c2342b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。