06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

なりそこないの唄 


こんばんは。

テスト終わりました! やったね!

新作です。短編です。出来立てほやほやです(でも載せちゃう)

今日(29日)の18時からの文芸会に提出するために書いたもの。

ネタが降りてくるまでずっとパソコンの前に座っていたのですが、全然決まらず……

結局昼を過ぎてから泡を食って書き始めました……


初夏の旅人やらと、同じ系列のお話です。


お楽しみいただけたら、幸いです




BGMに聞いていた曲。
曲名はあんまり関係ないですが、雰囲気はこんな感じのイメージだったり……

※問題等ございましたらご連絡下さい



20120907215857248_201604291510463fa.jpg


『なりそこないの唄』

 彼女と僕は突然旅をすることになった。

 出会ったのは森の中に開けた広場で、僕らの他に影は無かった。鬱蒼と樹々が茂る森の中では、そこだけがぽっかりと穴が開いたようで、秋の夕暮れの柔らかい日差しが差し込んでいた。迷い込んだ広場の中央に、彼女はただ一人佇んでいた。
 いつから此処にいたのだろう、数刻前に降った雨のためか、腰までもある髪はつややかに濡れている。栗色で始まる髪は、毛先に行くにつれて黄金色へ変化する。軽くウェーブした髪は今まで見たどんな髪よりも、美しいと思った。
「誰?」
僕が見ていることに気が付いたのだろう。彼女がこちらに顔を向ける。当然のように色白の小さな顔。淡い青色の大きな瞳に、長い黄金色のまつ毛。くるりとカールした毛先には、水滴が光っていた。
 声をかける言葉を探るうちに、沈黙が訪れてしまう。そのうち、何も言わない僕を不安そうに見つめて、彼女が小さな声で言葉を紡いだ。
「ごめんなさい」
大きな瞳から、大粒の涙が一粒はらりと落ちる。涙は地面に落ちて、花に溶けて消えた。花がくすぐったそうに揺れる。
「泣いていたの?」
「ええ、ごめんなさい」
ごめんなさい。そういって、彼女は僕に頭を下げた。生成りの麻のワンピースに、水滴が落ちる。ぎゅっときつく結んだ小さな拳が、小刻みに震えていた。瞳に涙を浮かべた彼女を、それでも美しいと思ってしまう。
「謝ることはないよ。僕は君に何もされていない」
「あなたは、私に伝えに来たのではないの?」
「何があったのかは知らないけれど、それは僕じゃない」
 僕が言うと、彼女は少し安心したようにほっと息をついた。指先で涙を拭って、しっかりと僕を見つめる。吸い込まれるような瞳に見つめられて、ドキリとする。柔らかそうな、朱色の唇がゆっくりと動いた。
「そう……。私はここで裁きを待っているの」
「裁き?」
「歌えない花守は必要ない。だから……」
私は裁かれるの。呟くように紡がれる言葉は、樹々のざわめきの中に消えて行った。俯く彼女に、影が落ちる。
 「花守? 君が?」
「ええ。なりそこないの、ね」
なるほど、此処は花守たちの森だったのか。それなのに彼女は、唄を歌えないのか。
 花守は唄を歌うことで、花に精気を与える役目を担っている。だから、歌えない花守は、大地の法に裁かれてしまうのだろう。
 こんなにも美しい彼女が?
「……裁きが下ると、どうなるの?」
「きっと、消えてしまうわ。皆がそうであるように」
仕方がないものね。彼女は諦めた顔で、薄く笑みを浮かべた。
 消えてしまう。こんなに美しい彼女が消えてしまうなんて、僕には耐えられない。そう思った時、するりと言葉が抜け出た。
「ねえ、逃げようよ」
「……逃げる?」
「今歌えないならば、これから歌えるようになればいい。そうしたら、此処へまた戻ってくればいい」
彼女が歌えるようになるのかは、わからなかった。自然の摂理は、抗ってはいけないと定められたもの。理解してはいたが、そんなことの一つや二つはもう気にならなかった。
 言葉に力がこもって、気が付くと彼女へ手を差し出していた。パラパラと広場に雨が降り始めた。空に雲は無かった。
 彼女は、差し出された手をすぐに握ることはしなかった。けれど、迷っているようでじっと考え込んでいた。
 雨はだんだんと強くなって、広場の草木は濡れそぼちた。空に雲は無かった。
 僕と彼女だけは、濡れずに立っていた。
「裁きから逃げたら――」
「どうなるの?」
「わからない。逃げた時のことなんて、考えたことも無かったのよ」
「じゃあ、逃げようよ。大丈夫、僕が守ってあげる。ほら」
「だって、歌えない花守は……!」
「歌えるようになればいいだろう? さあ、行くよ!」

 僕は彼女の手を引いて、無我夢中で走った。歌えない花守の逃走を、森の樹々は怒っているようだった。彼らの声は僕にはよく分からなかったが、彼女には伝わっているらしい。美しい顔がくしゃりと歪んで、悲しみに覆いつくされる。それでも、彼女は走るのやめなかった。 
 日が完全に落ちてしまう前に、彼女と一緒に森を抜け出た。辺りは土砂降りで、森の前の小川は、溢れて海になっていた。
 空に雲は無かった。
「どこに行くの?」
海沿いの小道は月明かりで照らされていた。前を歩く僕に、彼女は息を切らせて聞く。花守として育ってきた彼女は、あまり走ったことがないのだろう。麻のワンピースは乱れていて、裸足の足は傷だらけだった。小さな白い足に、痛々しく赤が映える。ごめんなさい、と心の中で謝る。彼女は濡れていなかったのだけが、唯一僕の救いとなった。
 僕も息を切らせて、彼女の問いに答える。
「どこにいこうか。僕らに戻る道はないからね」
「ごめんなさい」
「謝るのは、もう無しだよ。それに、もとより僕は前に進むしかないんだ」
「本当に、ご一緒しても良いの?」
「もちろん。僕が言い出したんだからね」
 彼女はもう裁きの話はせず、僕の手を握ってついてきた。大勢の旅人たちに踏み固められた小道は、森の中の獣道よりはよっぽど歩きやすかった。彼女もそうだったようで、道が大きくなってからは、僕の隣を歩くようになった。
 ぽつぽつと彼女が話をする。僕が相槌を打つと、嬉しそうに笑った。美しい瞳は月明かりに照らされて輝いた。黄金色の髪が潮風に靡く。栗色だったところも、もうずいぶんと黄金色に近づいてきたようだった。雨はしとしと降っていて、星は夜空で輝いていて、僕らは濡れていなかった。
 
 僕らはずっと歩き続けた。花守は雨を嫌うために、深い森の奥にいるのだとかつて聞いたことがあった。それが本当かはわからないけれど、雨が降りしきる中で、花守の使いが追ってくることは無かった。
 東の空が白み始めたころ、遠くにポツンと灯りが見えた。それは僕がよく知っている家で、家の主は、僕がただ一人信頼できる他人だった。
 もう彼女には隠しておくことは出来ないな。隣を歩く彼女を見つめる。美しい横顔は整っていて、今は笑顔に溢れている。僕のためだけの笑顔。
 さあ、話さなくちゃ。
「ねえ」
「なあに?」
僕の問いかけに、彼女は首をかしげてこちらを見る。もう少し明るければ、彼女の顔をもっとよく見ることが出来たのに。そんなことを考えながら、次の言葉を紡ぐ。僕の役目は、終わりに近づいていた。雨はもう霧雨になっていた。もう、これ以上集めることは出来なさそうだ。
「君は、あの家に行くんだ。あの家の主は、君が次にどうするべきなのかを教えてくれるよ」
「あなたは?」
「僕は、此処でお別れしなくちゃならないよ」
「どうして!」
 彼女は、僕の思ったいたよりも別れを悲しんでいるようだった。繋いだ彼女の手に、ぐっと力がこもるのが伝わってくる。そんなことをされると、別れが惜しくなってしまう。
 それでも、言わなくちゃ。雨はもう霧雨だ。
「あのね、僕は『雨』なんだ」
「雨……?」
彼女が不思議そうに聞いてくる。当たり前だ。雨の天候を司る精霊である『雨』が地上にいるのはおかしい。『雨』は雨を降らせて各地を渡り歩くものだから。
「詳しくは『雨』だった。『雨』でありながら、僕は雨を上手く操ることが出来なかった。だから」
だから。彼女は黙って僕が続きを話すのを待っていた。僕らはもう立ち止まっていて、繋いだ手はそのままに向き合っていた。彼女の空色の瞳が、僕に続きを促す。
「だから、僕は、裁きを待つしか無かった」
「そんな」
「なりそこないの『雨』は必要ないからね」
 裁き、という言葉を聞いたとき彼女の顔はさっと青ざめた。それでも、僕は構わず続きを話す。僕にはもう時間がない。
「それで、怖くなって逃げたんだ。ずっとさまよっていたら、森に迷い込んだ」
そして、君を見つけたんだよ。 
 彼女はずっと、僕の顔を見つめていた。きれいな瞳に見つめられて、恥ずかしくなって話すのが早くなる。太陽は徐々に顔を出しはじめた。僕の体の先は、もう霧になっているようだった。もう、時間がない。
「君に一目惚れだよ。可笑しいね、雨が花守に恋をするなんて」
笑っちゃうよね。そういって僕は笑ったけれど、彼女は笑わなかった。そして、ドキドキする僕の気持ちはお構いなしに、彼女はそっとキスをした。
 突然のことに驚いて、僕は声が上ずってしまう。
「花守は雨が嫌いなのは本当だったんだね。君を此処まで連れてくることが出来て、良かったよ。なりこそないの『雨』にも、好きな子を守ることは出来るんだって」
 なりそこないなりに、必死で雨を操った。彼女の為に操った。私情を許さない大地の法を破ってしまったけれど、彼女をここまで連れて来ることできたのだから、悔いはない。
 僕が誇らしげに言うと、彼女は微笑んだ。それから、僕の腰に両腕を回して、胸に顔を埋める。僕はもうドキドキが止まらなくて、なりそこないも悪くないと思う。
 心臓の鼓動が早くなるのを感じる。けれど、僕は最後の役目を果たさなくてはならない。彼女を、逃がさなくては。
「ほら、朝が来る。急がなくちゃ。僕は、このまま此処にいるよ。こんなに沢山雨を降らせてしまった。もうすぐ裁きが下る。君に見せたくは無いな」
言って、彼女の綺麗な髪に触れる。きっと、僕はこのまま消えてしまうのだろう。そうしたら、彼女は此処に独り取り残されてしまう。それは、彼女に申し訳なかった。
 彼女の髪は、もうすっかり黄金色だった。さらさらとなびく黄金色は、朝日を浴びて煌いた。
 僕の胸に顔を埋めていた彼女が、ゆっくりと顔を上げる。そして綺麗な朱色の唇から、一言だけ紡がれた。
「最期まであなたの傍にいるから」

 朝日が霧を照らして反射し、周囲は黄金色に輝いた。
 樹々はうんと伸びをして、花は微笑み、ダンスを踊っていた。
 黄金色の霧の中心にたった独り、花守の少女が座っていた。 

 広い大地に、草木に力を与える美しい『なりそこないの唄』が響き渡った。
-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト
短編いろいろの関連記事

[edit]

『渦の中の蒼い瓶』 

『渦の中の蒼い瓶』


どこかで生きているあなたが、幸せでありますように。

あなたの前に広がる新しい世界が、あなたにとって光り輝くものでありますように。

もしあなたがどこかでこの瓶を手にとって、わたしのことを少しでも思い出すことがあるのなら、


わたしのことを、許してくれますように。


***


「ねえ、こんな遅くまで、何を書いている訳?」

――ごめん、眩しかったかな? 起こしちゃったね

「明るいのは別にいいんだけどさ。あんた最近ずっと睡眠不足なんだから、早く寝なよ」

――そうだね、ありがと

「そんなに一生懸命、何を書いてるの? ラブレター? 誰に?

もう何枚も書き直してるじゃん。ズバリ重要な書類ですな?」


――ラブレターなんて洒落たもの書くように見える? 違います

「じゃあ誰に?」

――誰でもいいじゃない

「良くないよ。あたしの睡眠時間を奪った罰」

――それを言われちゃうとね……。ちょっとだけだよ

「なにこれ、詩?」

――さあね。返して

「その瓶に入れて流すわけ?」

――そうですけど! わたしの勝手じゃない

「ふーん、直接渡せばいいのに」

――直接渡せないからこうするの!

「やっぱり手紙なんだ」

――……

「瓶を流すなんて、洒落たことしちゃって」

――……もうだいぶ前のコトなんだけどね。消息不明になった友達がいてさ。ああ、別に事件とかじゃないんだけど。

「その子への手紙なの?」

――うん、そう。当時ね、彼女の力になりたくて続けていたことがあるんだけど

――それは彼女にとって負担だったかも知れない。わからないけどさ

それを考えると、胸が押しつぶされそうで。苦しい。

出来ることなら戻りたい。

――謝りたい。けど、もう叶わないんだね。だから

「瓶に入れて流すんだ」

――自己満足だって、笑うでしょ

「そうだね、自己満足かもね。でも、あたしが口を出すようなことじゃないや」

――流れの向こうに、彼女がいるといいな

「いたらいいね」

――ね。ごめんね、起こしちゃって。わたしももう寝るわ

「あ、そう? じゃあ、あたしも寝よう。おやすみね」

――ん、おやすみ


***


どこかで生きているあなたが、幸せでありますように。

あなたの前に広がる新しい世界が、あなたにとって光り輝くものでありますように。

ごめん

ありがとう

また、どこかで


-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

表紙絵のこと 

こんばんは。

ここ最近は、週一回ペースで更新しています。

それで案外うまくやっていたのですが、今週は遅れて更新です!



ネタが思いつかなかったのと、最近は割と忙しくしていたために。。。


そういえば、ブログを始めた頃は、何が何でも毎日記事を書くぞ! って意気込んで書いていました。

お陰で中身のないすっとこどっこいな記事も多かったのですが、

無駄にハイテンションで元気だったなーって思います(他人事←)


無駄にハイテンションでした。


いやほんと、ハイテンション


今読むと、失礼だろっ!! って思うようなことも、サラッと書いてたりしてヒヤリ


う~~~、許してくださいね、時効時効←



ありゃ、話題が反復横飛びしました。

ていうか、そもそもネタがないんでした。


では、最後に表紙絵のお話



今回のStella6・7月合併号の表紙は、「はくちょう(座)」が、テーマでした。

こんなの↓
2016表紙7月Stella12




こっちは文字なしです
2167月Stella






七夕ネタです。


つまり、いっぱいいる鳥はカササギです。

鵲の橋なわけです。織姫と彦星が渡るアレ。


では、白鳥の上に乗っている四人(?)は誰か。


別に誰でもないです。



白鳥を描いたら、たまたま乗せたくなっただけ。


鳥の青年とか、猫娘とか、小人とか、ちぐはぐな組み合わせで、4人で旅をしてる~~、みたいな設定がちょっぴり。

何かに使えそうだったら、連れて行っちゃってもいいです。




最後に、8・9合併号の表紙のお題を下さると嬉しかったり!

それと、Stellaのマスコットキャラなんて作ってみたら面白いな~なんて思ったりもしていたり。

けれど、これはいてもいなくても全然構わないのですがね……



それではみなさん、良い夢を
関連記事
絵あれこれの関連記事

[edit]

初夏の旅人リメイク(?) 

こんばんは。

もう2年ほど前のことになりますが、このブログで「初夏の旅人」という小説をアップしました。

それをサークルの文芸会に出すのに、少しだけ追記しました。


追記にて掲載しますので、もし良ければお暇な時にでも(^^)/




「初夏の旅人」を書いた後、作中のキャラクターから妄想が膨らみ膨らんで、かなり沢山のキャラクターとストーリーが生まれました。

そのお話のほうも、いつか放出していきたいなぁ……


そのうちのキャラクターの一人、盛秋のイラストを今日は載せてみます。

ペンタブでお絵かき。このテイストの絵は、このブログでは余り載せていなかったのですが……

盛秋 (2)





背景とか無い。。。よ。


いつか彼の話も書きたいです。

ではまた、良い夢を
-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧