05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

獏の見た夢 2.アオイ 

20120907215857248_201604291510463fa.jpg


2.アオイ

 そこは八畳程の小部屋だった。
 生活をする部屋というよりは、仕事部屋として使われているようで、整理された棚には、ファイリングされた書類が背表紙に書かれた番号の順に並ぶ。僅かに開いたスペースには、仕事道具なのか、はたまた彼の趣味なのか、大小様々な透明の瓶が置かれていた。
 窓際にある机は、木の木目が主張されたデザインで、深みのある茶色が窓から入る明かりで反射する。几帳面に整理された書類と共に、机上にも同じような瓶が数本並ぶ。透明の瓶の中には何も見えなかったが、コルク栓が閉じてあった。

 今、彼女の目の前、椅子に座って彼女を見ている男がこの部屋の持ち主だ。不健康そうな青白い肌をもつ整った顔立ちは、まだ若い。しかし、目深に被った帽子の向こう側には透き通った白い髪の毛が覗いていた。
 部屋の前で最悪の出会いを遂げた後、着ていた借り物の服をみてか、彼はすぐに彼女が目を覚ましたのだと気がついた。そして半ば強制的に一階のこの部屋、メモ用紙に書かれていた『二番目の部屋』まで連れて来たのだった。

「……あのさ、聞いてる?」
「あっ、ごめん」
 部屋をキョロキョロ見回していた彼女に、帽子の男が声をかける。全然聞いてなかったや。彼女が呟くと、あのなぁ、と苦笑いをした。そんなに気にしていなかった風で、そのまま話を続ける。
「しかし、部屋の前にいたから驚いたよ。俺の部屋、誰かに聞いたのか? それとも迷ったとか?」
「いや、たまたまあの部屋の前に……」
「ははは、まあ、広い建物だしな」
 運が悪いなお前。爽やかな笑顔を向けられて、つられてへらへらと笑う。ぶつけられたのは彼女だったが、 盗み聞きをしようとしていた手前、恨みがましいことは言えない。彼女の額には大きなたんこぶが出来ていた。

「驚かせてごめん」
「良いさ。無事で良かった。じゃあ、いくつか聞きたいことがあるんだけど」
 組んでいた足を降ろし、彼女に向き直る。その拍子に机の上の瓶が倒れた。しっかりと閉まっていなかったのかコルク栓が外れる。瓶に変化は見られなかったが、倒れた瓶を拾い上げ、彼は小さく舌打ちをした。
「……悪い、気にするな。その、名前を教えてくれるか?」
「ええと、覚えていない」
「じゃあ歳は?」
「全部覚えていないんだ。名前だけじゃなくて、今までのこと何もかも」
「……何もかも?」
 そうそう。肯定し、なんでだろうなぁ、と首を傾げる。
「じゃあどこから来たのかは……?」
「だから覚えていないんだって」
覚えていたらとっくに帰ってるよ。
 おどけた風に彼女が言う。軽い口調で発された彼女の言葉が、瓶をもてあそんでいた帽子の細長い指をピタリと止めた。俯いた目の前の男は、何かを考え込んでいるらしい。名前さえ覚えていないのに、それってそんなに重要? 口にはしないが、彼女は心の中で思う。

 やや暫くの沈黙の後、帽子の男は唸り交じりに話を再開した。
「……珍しいな」
「ごめん」
「いや、謝ることはないよ。じゃあ、とりあえず名前つけるか」
「名前?」
「……何か思い出すまで使ってくれよ。呼ぶのに不便だからさ。『アオイ』とか、どう?」
「あおい? それって今考えた?」
「……そうだけど。嫌? もし嫌なら別のを」
「いや、いいよアオイで。なんだかしっくりくるし」
 言って、何度か口の中で名前を復唱する。そうしていると、自分は昔からそう呼ばれていたような気がした。
 
「君はなんて呼べばいい?」
「俺? 俺は、『帽子』で」
自分のかぶっている帽子を、指先でトントンと叩いて、よろしくな、と微笑む。
「え、名前教えてよ」
「みんなそう呼ぶから、名前と変わらないだろ?」
「帽子脱いだら? 脱帽さん?」
「うるさい。脱いでも帽子だ。呼んで振り向きゃ、何でもいいだろ」
吐き捨てるように言って、目深に被った帽子をさらに下げる。鍔の下から拗ねたように睨む淡いグレーの瞳が、お前の前では絶対に脱がない、と意思表示をしていた。
「ごめんごめん、帽子さん」
 それにしても、名前を教えたくない理由でもあるのだろうか。すごく変な名前とか?
 言う気がないなら名前を当ててやろう。アオイがそんなことを考えている間に、帽子は話題を変えていた。

「これからアオイには、しばらくの間この建物内で暮らしてもらう」
「えっ、ここに住むの!?」
 想定外の帽子の言葉に、思わず立ち上がる。
 アオイの驚きに反して、彼は平然と答えた。
「だって、何も覚えて無いんだろ?」
「うん……、まあ」
「じゃあとりあえずはここに住めば?」
「それもそうか」
「決まりだな。あの部屋は自由に使っていい。何か必要なものがあれば俺に言ってくれ」
 アオイの意見が入り込む余地もなく、帽子はテキパキと話を進める。言いくるめられたようで悔しかったが、見知らぬ所で記憶がない状態ではそうするのが賢明なような気もした。

じゃあ、屋敷を案内しようか。言って帽子が立ち上がる。アオイも次に続く。
 磨かれた曇りのない窓から入る明かりは今はオレンジ色で、そこで初めてもう夕方だったのだと気がついた。
 目覚めた部屋と同じような装飾の施されたドアノブに細長い指をかけて、そうそう、と思い出したように帽子が言う。
「後でアオイに会わせたい人がいるから、付き合ってくれな」
「会わせたい人?」
「そう、そいつは医者なんだが、なかなか目覚めないお前の事を心配していたからさ。目が覚めたって報告しに行こう」
 眠っている間に医者の世話にまでなっていたということに驚く。アオイの想像していた以上に、丁寧に扱われていたということだろか。
 
考え込んで俯いたアオイが、再度顔を上げた時には、帽子はもうドアを開けて廊下に出ようとしていた。追うように外に出て、姿勢の良いグレーのベストの背中に声をかける。
「なんだか迷惑をかけてごめん」
「平気平気、気にするな」
 沢山のドアが並ぶ廊下を、帽子の後について歩く。一つ一つのドアの中からは僅かに物音が聞こえ、人がいるのがわかる。共同生活をしているのだろうか、家族で住むにはあまりに広い建物だった。

ふと、前を歩いていた帽子が立ち止まる。そしてアオイの横に並び、速度を合わせて歩く。
「ここらのドアは引く開き戸でな、存外扉は薄い」
 言って、トントンと横にあった扉を叩く。響いた音は、重厚な見た目よりは確かに薄いのだと感じさせた。
「まあ、アオイだとは思わなかったんだけどさ」
「はぁ?」
何の話だろうと首を傾げるアオイに、帽子は額のたんこぶを指さしてニヤリと笑みを浮かべた。
「怪我をしたくなかったら、盗み聞きは控えた方がいい」
-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト
獏の見た夢の関連記事

[edit]

埋もれてく埋もれてく 


こんばんは。

一週間に一度更新ペース……でもないけれど、大体そんな頻度。

書き終わらないレポートを見ないようにして、ブログの更新です。


近いうちに「獏の見た夢」の2話目を更新します。

それから、頭の中にある星恋詩を文字にして……

初夏の旅人」系列の話で、新しいお話を、これもまた文字にして……

書きかけの短編もあるんだった、これもまた書き上げて……






スカイは整理するのが苦手です。

それに飽きっぽいです。




ハードディスクの小説フォルダをみると、描きかけの小説がたくさん出てきます。


かなり長々と書いているものや、一文しか書いていないもの、キーワードしか書いていないもの、色々です。

頭の中で完結してしまって冷めてしまったものや、何を書こうとしたのかすら思い出せないものまで様々。


そういう時は、タイトルも出来ていないので、あだ名みたいなファイル名がついていたりして後で見た時に謎だったりします。

書きたい小説は色々あるのに、文字にするまでがかなり遅いです。

そのうちわからなくなっちゃって、埋まってく埋まってく。


絵のほうも似たようなもので、描きかけの絵が色々なところから出てきます。

描いてあるのはもっぱら裏紙で、その時の気分でざっくざっく描いてあります。

一枚の絵として、ラフから色塗りまでしっかりやろうとすると、途中で飽きてしまう。



今、机の横のホワイトボードには、次のStellaの表紙の案と紙が、忘れないように磁石で貼ってあります。

パソコンの横には、手のひらサイズの紙に描いた落書きが、一杯。

やらなければならないことが多いと、この絵ももれなく増えます。(人はこれを現実逃避と呼ぶ)


何でもこんな感じかというと、別にそうではなくて、大学のデータや写真なんかはやたら丁寧に管理していますが……。



壮大な背景のある長編小説だとか、資料の沢山必要なお話細かいところまで凝った絵

そういうのって、少なからずデータ管理が重要なんですよね。

それに気も。

もっとちゃんとしないと、って思います。


データ管理をしっかりして、飽き性をなおして……


気合を入れなおさなきゃ。


そういう時は外に出て
sora.jpg


あ、違いました。

これは現実逃避の方法でした。


さて、レポート仕上げて、小説書こうっと。


ではまた、良い夢を
関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

親バカ万歳_(:3 」∠)_  ※深夜テンションで勢いで書いています、色々とご注意! 



タイトルで飛ばしました。

こんばんは、スカイです。




今日の記事は、親ばか万歳記事












はい、そのまんまです。



スカイは親ばかです。





つまり、自身の作り上げた世界とキャラクターが大好きです。

それはもうこよなく愛しています。



もう超好き。わや好きなまら好き







どん引けコノヤローってくらい 


小説にするキャラも、絵にするキャラも、みんな好きです。


お話の流れで、不幸になってしまうキャラクターもいます。

でもそれもまた、愛故……(だと思うたぶん)。








もちろん、自分の嫌いなタイプのキャラクターもいますし、あえて作ったりもします……

が、基本的に

みんな好きです(二回目)








しかし、思うのですが……。

このブログに来てくださっている、創作活動をしているブロガーさんも、











親ばか 結構 いるのでは???











やっぱり、自分の創作世界は自分が一番知っているし……

どうなのでしょう?






隠れ親ばか、オープン親ばか、ライトな親ばか、酔ったら親ばか、エトセトラえとせとら……



あなたの近くにもいるかもしれない??










レッツ親ばか












こんなに親ばかアピールしましたが、

リアルの友人などにその世界を紹介するのは、少し勇気が……私の場合は必要になります。


こうしてブログを通じて、自分の創作世界を見ていただける時代は、本当に恵まれていますね。

誰かに知っていただけるだけですごく嬉しいし、好きになってくださった暁にはもう飛び上がらんばかり!!

本当、ありがとうございます。











親ばか
万歳記事の最後は、




親ばか活動 略して 親ば活 で閉めましょう。


おなじみ(?) NOTE!! 豆電球さん絵です

親ばかコメント「低反発ボディが超キュート!!!」


DCF00094.jpg








-- 続きを読む --
関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

4周年~ 

こんばんは。

お久しぶりです、スカイです。

まず初めに。

Stellaコミュニティにて6・7月合併号のお知らせを掲載致しました。

6・7月号の締め切りは、7月8日です!

ずずいっとご参加ください!



なんだか、前回記事からかなり空いてしまいました……。

忙しいわけではないのですが、うーん、ネタがない?

更新ペースが上手くつかめません。今までなんの記事書いてたっけ? と過去記事を振り返ると、くだらないことをだらだら綴っていてでクラッとしました(笑)


さて、いつの間にやら6月。

大学生になったと思えば、あっという間に二か月がたちました。

実はこのブログ、6月18日(記事が残っている範囲で。本当はもっと前カナ)で、5年目に突入します!

わお!

そういえば、高校に入学したときに始めたのでした。もうそんなにたつのかぁ……。




そろそろかな、と過去記事を振り返って、懐かしい気持ちに浸っていました。


……あ! 皆さまはこのブログを振り返ってはいけませんよ!? 本当! ダメ! 絶対!!

 振りじゃなくって!!

マジっす。

もれなくパソコンが爆発する呪いが発動します。



ブログを初めて、色々な方に出会えて、

ブログを見に行って、コメントして、コメントを頂いて

(初めてコメント・拍手を頂いた時の嬉しさと言ったら!!)



ブログをやっていなければ出会えないような方とお会いすることが出来て

だんだん交流の幅が増えていくのは楽しかったです


Stellaの企画も、とってもいい経験です。


ブログをやっていなければこんな経験は出来なかっただろうなぁ……







2年ブログを休んで戻ってきたら、覚えていて下さった方が沢山いてうれしかったです(^○^)

しかし、閉鎖してしまったブログも多くて……『404~~』ってでると少し悲しくなってしまう


仕方がないのですがね。

これからの出会いも楽しみです!




このブログはとりあえず、続けられるところまで続けていきたいです。

Fc2ブログが無くなってしまうまではとりあえず……。

これからもよろしくお願い致します!






-- 続きを読む --
関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧