06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 07

少しはまったので 


ただ,ほんの少し.

ほんの少し,空の手入れをしていただけなのに.


あなた方は私をみつけ,

吊し上げ,

神とした.


毎日ゴングを鳴らして太陽を起こし,

子守唄を唄って月を寝かせる.



ただ,それだけの毎日だったのに.

鳥と戯れ,

星と話し,

白鳥に乗って夜の空を旅する.



ただ,それだけの毎日だったのに.




何が,何がいけなかったのでしょう.



雲の裾がほつれていると,

鳥が教えてくれたから,

少し縫っていただけなのです.


それを,

あなた方はみつけ,

吊し上げ,

神とした.



祈りが心に刺さるのです.

欲が私を縛るのです.



でもここには私しかいないから,

重い体を引きずって,

ゴングを鳴らしに行くのです.

子守唄を唄うのです.



鳥と戯れることもできない,

星と話すこともできない,

白鳥に乗って夜の空を旅することもできない,




ただ,空の管理をするだけなのです.




それでもあなた方は祈るから,欲を出すから,


目を失いました.

耳を失いました.




何も見えない聞こえない.





それでもやはり.



祈りが心に刺さり,

欲が私を縛る.





もう,休んでもいいですか?




NEC_611.jpg
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ:

テーマ: 詩・想 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

なんだか腹立たしい記事です。ご注意ください。 

NEC_47.jpg

こんばんは。

いきなり画像で始まりました。

端っこが汚くなっている!? 今気がつきました;


文字を入れてみましたが、すごい勢いで失敗した気が……



この文の言葉、スカイがいつも思っていること、人と接する時、気をつけていることです。

でも、時々できないことがある……。



さて、何の事でしょう?











正解は、外見にとらわれないこと先入観を持たないこと、です。


どうしても、見た目でその人がどういう人なのか、考えてしまう自分がいる……

それが、すごく嫌です。

だから、いつも気をつけている。でも、気を抜くとすぐにその人を外見で判断してしまおうとする……

確かに、性格は顔に出る、とか言うこともあるけれど、

人の外見というのは、ただの張りぼてに過ぎない、とわたしは思うのです。


それで人生を損したくないから、一人でも多くの人に出会いたいから、できるだけヨロイの中に目を向けたい。



そうしたら、もう少しだけ人生が明るくなるのかもしれないと、思ってしまったり






ヨロイだけをみてしまっている人が、もしもこの記事を見てくださったなら、ほんの少しだけでよいので、気をつけてみて欲しいです…………



-- 続きを読む --

カテゴリ:

テーマ: イラスト - ジャンル: その他

[edit]

星降る夜のモノガタリ 

stella white12

星降る夜のモノガタリ  星恋詩――もうひとつの物語

小説・掌編

この後、6作位続く予定です……;

本当は、内容的に読み切りにしたかったのですが、何分長さが長くなってしまったもので;




世界の,どこかに住む,星の話.

白馬の殿に見覚え、在りませんか……?






それでは、追記からどうぞ……
-- 続きを読む --

カテゴリ:

テーマ: 詩・想 - ジャンル: 小説・文学

[edit]

夏の日 




僕はいつだって君の傍に居るよ









どんな境地に立たされても、君から離れたりはしない










眠れない夜には 君が眠るまで子守唄を歌おう











君が眠りについたら そっと頬にキスしよう










だからほら、もう お休み














蚊a



にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ



こんばんは。



気障な事言って口説いたことなんてありませんから。

書こうと思っても書けない。

最初は真面目に考えて書いていたのに、いつの間にかこんな事になっていました。

が、満足しています(笑)

恋愛系の物はどうも苦手なので、というか書けないので、結局友情だとかそういうものになってしまう。


良いんです。そのうち、色々経験するうちに書けるようになるのでしょう。

きっと。

なる……のか?


そもそも体験するのか心配ですが、其れは置いておきましょう。



ちなみに雌の蚊しか刺さないらしいですね。

カテゴリ:

テーマ: 詩・ポエム - ジャンル: 小説・文学

[edit]

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧