FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

トップ記事!! 

※この記事は常にトップにあります
最新記事はこの記事の下にあります。スクロールしてご覧ください。

訪問ありがとうございます。
此のブログ、それから作品については、追記にてまとめておりますので 「続きを読む」からお立ち寄り下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ



-- 続きを読む --
関連記事
スポンサーサイト
お知らせの関連記事

カテゴリ: お知らせ

テーマ: つぶやき - ジャンル: 小説・文学

[edit]

震災 報告 

こんばんは。近況報告です!

心配して連絡をくれた方、本当にありがとうございますm(_ _)m ご心配おかけしました!
インターネットに接続できず、なかなかこちらへ来ることが出来ませんでした。

胆振東部地震、私の住んでいる地域は震度4でしたが、震災後すぐに停電になり、ネットワークが不安定になったため外部との連絡が一切取れなくなっていました。

NTTにより、公衆電話が無料開放されたので本州に住む親戚とは連絡を取ることが出来ましたが、北海道内の連絡はお互い取ることが出来ずもどかしい時間を過ごしました……

電力が復旧するのは大きな病院の近くを優先にとのことで、私の居住地域はなかなか電力が復旧しなかったのですが、本日18時頃ようやく電気が戻りました!

物流や公共交通機関がストップしているので、まだいつも通りの生活というわけにはいきませんが、とりあえず暖かいお風呂に入ってゆっくりできて一安心です。

電気のない世界、普段とは違う満点の星空を見ることが出来て感動したりもしましたが、電気のない夜はそう何度も体験したいものじゃありません。日没後の時間が進むのが遅いったら!


近いうちにまた来ますね
それでは(^^)/




関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

ご無沙汰してます 

こんばんは。ご無沙汰しております……!

ひえっ、、広告が出てるわーーー! と、確認したのは結構前なのですが、もう最近は広告常習犯だし、4週間もテスト期間(頭おかしいでしょ……)が続いていたので放置してました。

テストはあと一科目なので、今日は少しまったりしています。



といっても、テスト期間だったので小説も書いていないし、今日は前のStellaの表紙の記事にします(-ω-)

これです↓↓↓
mini.jpg


徹(テツ)さんです。オリジナルの創作キャラクターで、旅人です。

Stella の表紙は、最近は専ら写真にしていたのですが、少し頑張って絵を描いたので先月のは絵を表紙にしてみました……!!

背景とか全然描けないので大変恥ずかしいです  ひゃー

本当は夜にしたかったのだけど、明るく描き過ぎたので、朝焼け。

多分朝焼けでももっと暗いですけどね……

もっと背景をうまくかけるようになろうね……


使った画材はいつものごとく色鉛筆で、紙はケント紙。ケント紙は目が粗いので、細かく描くには向かないとのことですがそこはそれ。まあなんとなくニュアンスでこう……ね。


遠近感を出したかったのですが、塗りが上手くできなかったので、文字でごまかしました

そのうち書き加える機会があれば、また載せたいと思いますね。


落としどころが迷子になってきたので、今日はこの辺でブチっと切っちゃいますね……

ではでは、また絵を上手くかけた(と思った)ら、Stellaの表紙に勝手にしちゃいますので、あっこいつこれで上手く描けたとおもってるんかな、位にしといてくださいな

ではではまたね
関連記事
絵あれこれの関連記事

[edit]

さくら 


Stellaタグ


さくら


 部屋の中心にあるまっさらな五十号のキャンバスは、道展のU21に出展するために購入した。大学の美術部は数年前にとっくに廃部になっていて、仕方なしに二部屋あるアパートの一室を作業部屋にしている。空調もなく換気も良くない部屋は、お世辞にも作業環境は良くない。それに全部が自費で驚くほど経費が掛かる。部屋に遊びに来た同期は、「なんかこの部屋臭いんだけど」なんて言う。けれど趣味にかかるお金は生きるための必要経費という持論の下、食費と友達を削ってなんとかやりくりをしている。
 U21の出品は今年が最後だ。挑むキャンバスはエントリー規定で最大サイズのS50号を選んだ。題材も構図も何年も前から決まっている。頭の中で思い描いた絵を、キャンバスに描けるようになるまで温めてきたのだ。ラフは中学校の時から鉛筆を使うのが好きで、アクリル絵の具やパステルなど試したりもしたが、結局今日もハイユニを走らせる。線の一本一本が生き生きと――今日は調子が良い。
 何度も頭の中で描いてきた構図をキャンバスに描くごとに、私はあの日へ戻されるような気がした。筆が加速する。
さあ、あの日の恨みを――。

 ***

 中学校の帰り道には、タンポポを摘んで帰るのが日課だった。新鮮なタンポポの葉はさくらの好物なのだ。さくらもそれを知って、私が帰宅すると玄関まで駆けて来る。それが、いつものように玄関で待っていてもフローリングを駆けるかちゃかちゃという爪の音がしない。不思議に思って古びたダイニングテーブルの下など探すうちに、ソファの陰からのろのろ這い出てきた。ゆっくり動くさくらは珍しく、心なしか毛艶も無いように感じてしまう。
彼女が弱弱しい姿を見せたのは一瞬で、私が道端で採ってきたタンポポを差し出すと、いつも通り目をギラギラさせて食べ始める。食欲が無い訳ではないんだな、と一安心したとき、歩き始めたさくらを見て息が止まった。後ろ足を引きずっている……。
 慌ててさくらをキャリーに移し、青ざめて向かった病院で告げられたのは彼女が脱臼しているという事だった。麻酔での治療が、三日後に行われることになった。

ミニウサギのさくらの定位置は薪ストーブの前だった。エスニック風のカバーの被った厚手のクッションはさくらの特等席で、いつも上にのさばり体を伸ばして寝転んでいる。その隣に座ってわたしがテレビを見ていると、いつの間にか父親が帰宅して夕飯になる。父が、身体を壊したと電話してきた母親を呼び寄せるまでは、父親と二人暮らしの日常はそうやって過ぎていそれが、あの人が来てから変わってしまった。マッサージチェアーと共に越してきた彼女は、さくらのために開けておいた床を荒らしに荒らしまくった。そして、わたしが寝そべるさくらを撫ぜていると、祖母は決まって「野生だと絶対に生きていけないわね」なんて嫌味っぽく言った。
父のお金で買ったあの人の私物は床を侵食し、ついにさくらの定位置と競合し始めた。彼女が通販で購入したダイエット用品がクッションの脇に置かれ、流石に注意しなくてはと思っていた矢先、彼女の機械がさくらを脱臼させたのだ。
 近所の雀荘から意気揚々と帰宅したあの人にさくらの事を伝えると、横目でケージのさくらを見て「あら、そうなの」とほほ笑んだだけだった。 


次の日も、さくらに上げようといつものようにタンポポを摘んで帰った。心配する素振りを見せるとさくらも不安になるかもしれないから特別な振る舞いはしないようにと父親と話し合ったのだ。少しでも喜んでくれると良いな、そう思い玄関扉を開けると、祖母が立っていた。みると重そうに黒いビニール袋を持っている。「ねえ、それ何……?」恐る恐る聞くと、「ああ、あのね。あの兎死んだのよ」だからケージを捨てるの。そういって彼女は軽い足取りで出ていった。
その日の夕飯は肉だった。

***

できた……。
S50のキャンバスに描いたさくらは、まるで生きているようだ。これを描けるようになるまでずっと待っていたのだ。やっと再会できたね。
「これはもう要らないや」
燃えるゴミの日は木曜日だ。明日捨てる用の赤い燃えるゴミの袋に、拳ほどの膝関節の骨は捨てた。
 

-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

絵のはなし 

こんばんは。

もう5月も18日ですね、早い。早すぎです。

ここ最近は小説は書いていないのですが、下旬に文芸会があるのでそこで書くはず……

ということで今日は絵の記事を。

最近ブログをサボり気味ですが、お絵かきは地味にずっと続けています。
ブログ開設当時と比べると、なんとなく上達したかな……(高校一年生ですもんね)

報告がてら、ここ最近の何枚かを載せてみます(^^)/

少年と犬
少年と犬。ある方のお手伝いで挿絵を描かせてもらったもの。
首を絞めているんじゃないよ、撫でてます。
もし見ることがあればあら。と流して下さいな♪

新規ドキュメント 2018-05-11_1
最近イラスト交流で生まれた一番新しいキャラクタ―。
「ケモ耳」ってやつです。ギンギツネの悠人(はると)君。


IMG_o3ecu7.jpg
頭の中で完結した創作の主人公のセン。これで男。すこーし(大分?)前に載せたの彼です。フィス
スマホで色を付けたのですが、他の端末でもちゃんと色がついているのか(変な色に変わってないか)不安……


ではではまたね

関連記事
絵あれこれの関連記事

[edit]

リメンバー・ミーを観た話 

こんばんは。うわぁ、ご無沙汰しております。

すっかり更新が途絶えてしまいましたが、最近はあまり記事にするような創作をしていなかっただけでして、元気に生きてます。

週2、3回で入る契約で始めたはずのバイトが、いつの間にか週4で入れられちゃったりなんてしていますがまあ元気です(お陰でバイト三昧ですが…)


さて、生存報告がてらここ最近の出来事を。

放映開始からしばらく経ちましたが、先週ようやっとリメンバー・ミーを観に映画館へ行ってきました!!

これがすっかりドはまりしてしまって、本日二回目を観てくる始末。

放映は(私の行っている映画館では)今週いっぱいで終わりの予定でしたので、これは行くしかないと駆けこんできました。

終盤なので、あいにくグッズは売っていませんでしたが……。(代わりにパンフだけ買ってきました)

私は物を語るのがめちゃくちゃ下手なので上手く宣伝は出来ませんが、是非観て欲しい映画(そして感想を語って欲しい)映画です

見ている側がなんとなく予想できるような展開ですが(実際そのように進んだりするのだけど)私はすっかり泣かされてしまいました。

先輩の受け売りですが、撃ってくるのが見えていてわざわざ当たりに行くって感じ。

キャラクターがみんな個性豊かでひとつひとつの動作に性格が現れているのも気に入った理由の一つ

二回目はそういった動作をじっくり見ることが出来たので、更に好きになりました*^^

とてもおすすめの映画気になっている方いれば、ぜひ観に行ってみてください(そして感想を...!)


ではでは。また来ますね 
関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

サラセニア 

Stellaタグ

サラセニア

「ああ、いやんなっちゃう」
 ここ何週間も分厚い雲に覆われた空を見上げて、もう何回目かのため息を吐いた。曇りと雨とを延々と繰り返す天気も嫌だし、派遣会社の社長の理不尽な態度も、派遣先の冴えない係長のセクハラまがいの言動も、仕事を押し付けてくる同僚も、どんどん値上げするガソリンも全部全部嫌。
 フロントガラスを拭くスタンドの店員と目が合って、それもまた癪に障る。もう、なんで見てるのよ。視線を落とすと、スマホの画面がぱっと光り、ラインの新着を知らせた。見ると今来たものの他にも数件入っていたようで、そのほとんどは由美からの欠勤を心配する内容だった。今日の朝、体調が悪いと休みの連絡を入れたのがもう伝わったらしい。既読を付けないようにして、そっと画面を閉じた。ごめんね、今日は一人を楽しむ日なの。

ガソリンスタンドの店員の大きな声に見送られて、混んだ二車線道路にようやっと乗り出すと、直ぐに信号で引っかかる。朝は弱いくせに会社に行くのと同じ時間に出てきたせいで、どんより曇り空も相まって心が悲鳴を上げそうになる。気分転換にと慌ててアイポットを繋ぐと、流れてきたのはエンヤのアルバムだった。歌詞のある曲を聴くのがどうにも苦手で、三日前に別れた彼とは喧嘩になったことさえあった。結婚まで約束してたのにね。
後ろからクラクションを鳴らされて、とっくに信号が変わっていたと気が付く。ああ、幸先悪い。アクセルに足をかけて、すでに動いていた片車線の流れに合わせた。

***

 会社をサボったドライブの行先は決まっていた。昨日の晩、スーツも脱がずベッドでネットサーフィンをしていた時に偶々見つけた地方の廃墟だ。一枚の写真に惹かれ地名を調べると、どうやらこの街から車で三時間ほどの村らしい。大きな木造建築の洋館のいたるところにツタが這い自然に呑まれゆく荒廃感に心を掴まれて、気が付くとドライブの計画を立てていた。
 余り有名でないのか廃墟マニアが集まるサイトでもその廃墟に関する情報はほとんどなく、写真一枚と古い周辺地図が見つかっただけで、いつもなら信ぴょう性すら危いと止めるところなのだが、ここ数日特に自暴自棄っぷりに拍車がかかっていたせいで、なるようになれと弁当まで用意していつもより幾分早く眠りについた。
 
 街中は混雑していたものの街を抜けると建物も車もまばらになり、農道へ出た頃には車は、中古で買った私の白いデミオと畑の中に停まっている農機だけになった。ビルに遮られない太陽の光は、雲ごしでも街より断然明るく感じ、幾分か気持ちが晴れる気がする。最近はめっぽう気が滅入っていたから、これは良い機会だったかも知れない。信号も交差点も無いまっすぐな一本道を飛ばすのは爽快だった。
 

 慣れないドライブをして集中力が切れお腹も空いたので途中の道の駅でお弁当を食べることにした。おにぎりを頬張りながら大分色づいてきた広葉樹を見て、晴れていたら完璧なのにと思う。空気が美味しく、ここ数か月では一番といっていいほど気分が良かった。
 せっかくの遠出だからと店舗に入ると、伝統工芸品やらご当地キャラクターグッズに混ざって、この辺りの地図が売っていた。詳しい地図が一枚あっても良いかもなと一冊手に取りそのまま視線を滑らせると、手ぬぐいに地図が印刷された商品が目につく。あれ、どこかで。ハンドバックから昨日カラー印刷した地図を取り出すと見事にぴったりと一致した。いつの間にかすぐ近くまで来ていたのだ。
 現在地を目印にして地図を照らし合わせると、どうやら数十分とかからず目的地に着きそうだった。高台のここから見るに、森のほうへ走っていくようだ。あの辺かな、と目星をつけたところはちょうど空がぽっかり青い穴をあけていた。

*** 

 いよいよ到着かと鼻歌交じりにアクセルを踏む。晴れたところを目指すのだ。進むにつれて、森の手前に村があるのが見えて、調べて得た少ない情報の一つを確認し心が躍った。
 村に差し掛かった時、BGMとして絶えず曲を流していたiPodがぷっつり切れた。電池がなくなったらしい。あと少し耐えてくれれば。静まった車内に耐えられなくて、FMを聴こうと試みるがどこのチャンネルも繋がらない。気が付けばもう村に差し掛かっていて、青の穴の下に居た。

 村の細道を徐行で走るが、全く人の気配がしない。廃村というには朽ちた様子はなかったが、不気味なほど静かで、“そこで何かが生きていた“という感じがしなかった。
 ここまで来たからには、あの朽ちた洋館を拝まなくちゃ。こんな風に遠出する機会は、独り身の私にはそうない。何となく、目の先の森の奥に写真の屋敷があるのがわかって、どこか呼ばれている気さえしてアクセルに力を込めた。
 
 森は樹齢云年というような立派な木で構成されていて、洋館が生きていた当時は重要な建物だったのではと思わせる壮大さだった。車で入れそうな入り口は見当たらず、仕方無しに車を降りる。村に人の気配は全くなかったのだから、車上荒らしに会う心配もないだろう。写真だけ撮ろうとスマホを取り出すと、いつの間にか電池が切れてしまっていたようだった。
 財布もスマホもいらないのではただの邪魔な荷物になってしまうので、ハンドバッグは車に置いて獣道を進んだ。幸い草は膝ほどの丈のものがほとんどで、ジーンズを履いていた私は余裕をもって歩くことが出来た。
  何分立っただろうか、時間を確かめるものは持ち合わせていなかったが、足が疲れてきたころ目の前がぱっと開けた。
 急に明るくなって空を見上げると、ここだけ木が生えず開けていて、真っ青な空が広がっていた。久しぶりの青空に胸が高鳴る。それから眩しさに慣れて前方に視線を向けた時、いつか写真で見たあの洋館が建っていた。
そして驚いたことに、洋館は生きていた
 
 木造建築のすりガラスには青空が映り、自然の呑み込むようだと思っていたツタは、暑さをやわらげる道具として利用されていた。重厚に作られた左右対称の玄関は、客を招き入れるように開かれていて、私もその例外ではないように思えた。そこへ行きたい! そう強く感じた時、突風が背中を押した。

 高鳴る気持ちを何とか抑えつけて、私は洋館へ足を踏み入れた。

-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

雨の日の女 


20120907215857248_201604291510463fa.jpg


  雨の日の女

 
 仕事が終わった後、家まで歩いて帰るのをここ何年も日課としていた。規則正しい運動を心掛けているとかそんな大層な理由ではなく、ただ単に歩くのが好きだった。車を持っていない私は冬の間のバス通勤を除いては、ほとんど毎日歩いて帰宅した。それはすっかり冷え込んできた晩秋の今日とて例外ではなかった。

 私が勤める印刷会社は国道沿いの大きなビルに入っている。いつものようにタイムカードを記録して自動ドアを抜けると、黒く濡れた地面に行き交う車のヘッドライトが反射して鈍く光っていた。天気予報では曇りだったのに。いつも持ち歩いている折り畳み傘は、今日に限って忘れてしまっていた。最近流行りのコンビニエンスストアも、この辺りにはまだできていない。ビルの前に公衆電話はあったが、迎えに来てくれる家族を生憎持っていなかった。
 仕方がない、急いで帰ろう。よくあるマンガの冴えない主人公のように、頭の上にビジネスバッグを雨除けに乗せて、速足で歩きだす。電灯の多い国道を抜けて住宅街へ入ると、それまでの明るさとは一変して、暗い夜道にかわった。そういえば、町内会の回覧板でこの辺りで不審者が出たと書いていた気がする。数少ない電灯の一つは今にも切れそうに怪しく点滅していて、男の私でも少々気味が悪かった。

 そういえば、昔もこんな風に雨の中帰ったことがあったっけ。砂利道に差し掛かった時、ふとここに越してきたばかりの事を思い出した。小学生も高学年に上がった頃、私は父親の転勤でこの町に越してきたのだ。当時町には小学校が二つしかなかったため、一つの小学校の通学区域が偉く広かった。それに家が校区の端にあったのも相まって、友達の家に遊びに行くにはいつも長い距離を歩かねばならなかった。
あの日は土曜日の授業が終わった後で、誰が言い出したのかは忘れたが、友人の家に四人で泊まろうという事になっていた。それが夕飯をご馳走になっている途中で、帰って来いと父親からその家に電話が入ったのだ。特に用事は無く、恐らく断りを入れないで出て行ったのが癇に障ったのだと思うが、怒ると怖い父親だったから慌てて家に帰宅したのを覚えている。同じように雨が降っていたが、電灯は今よりも頼りなかったと思う。木製の電信柱の黒々と濡れて光る木目がどうしても顔に見えてしまって恐ろしく、どうにか見ないように走って帰ったと記憶している。
 
 雨は会社を出た時よりは小ぶりになっていたものの、ぐっしょり濡れてしまった今では関係ない。タクシーを呼ぶにもこの辺りの公衆電話はビルの前の一つだけだった。それにテレホンカードは切らしたばかりで持ち歩いていなかった。両親が転勤して独り残された大きな一軒家までは後一キロもない。いつもより長く感じた帰路ももうすぐ終わりに近づいていた。
そういえば。あの後しばらく雨が降っては好き好んで外に出る時期があったのだった。今ではスーツをすっかりダメにした雨をこんなに鬱陶しく感じているのに。何故だったろう、小学生の気まぐれという感じではなかった気がする。

懐古していると、あの日の父親の妙な言葉が、胸の内で反芻された。「お前、傘なんて持って歩いていたんだな」あの時は父親に腹を立てていたから返事もしなかったように覚えているが、傘なんて――。

ツンと雨の匂いが鼻を通り、同時に一種の懐かしさに包まれた。そして驚くほど突然に雨が止む。これは初めての経験ではないと、どこかで分かっていた。そう、あの時も。あの日俺は一人ではなかったのだ。確かに途中まで、電信柱を怖がりながら一人で走っていたように思う。しかしどこかで、途中で、そうだ、この砂利道で。

「あら、思い出したの?」
 
 ふわりと甘い声が耳元でささやく。また会ったわね。そう彼女がささやくのが聴こえる。あるいはそれは風の音だったのかも知れないが。
気まぐれな通り道に偶々俺がいたのだろうか。会いに来てくれたのかい、なんて聞くことも出来ず、ただ突っ立ったまま、いつか探していた雨の日の女の白いベールに包まれたいた。

 
-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

 

 
Stellaタグ



 洋服店のショーウィンドウの中では、煌びやかな衣装と共にネオンが光る。それが、大きなクリスマスツリーに飾られた金色のベルに映ってひと際輝いた。明日の夜には、恋人たちが写真を撮るために群れるのだろう。その光景を彼とともに眺めるのを想像して、笑みが漏れた。いつか言っていたように、人込みは苦手なんだって遠巻きに見ようとするのだろう。それを私が引っ張って……。
 うん、明日はここにも寄ろう。
 
 札幌駅の赤いオブジェに集合して、それから歩いてすぐの赤レンガテラスで食事をして、大通り公園でイルミネーションを見る。それが明日のデートプランだった。ミュンヘン・クリスマス市で買い物をしても良いし、せっかくだからテレビ塔にのぼるのも悪くない。他に寄りたいところがあったら、当日までに考えておいてよ。そんなやり取りをしたのが二日前。文字越しに彼の微笑みを想像して、寮のルームメイトにからかわれたのを思い出す。

 彼は札幌の中央区に住む社会人で、私は田舎出身の手稲の大学生。住む世界が違うような気がして、引け目を感じていたから、クリスマスの夜を空けてくれたのが本当に嬉しかったのだ。下見に行きたいので、今日の家事当番を代わって欲しいとルームメイトに頼むと、にやりと笑って送り出された。「これは貸しだからね」なんてことを言う。

 しばらく歩くと目の前にイルミネーションが広がった。青から白へ、波のように光が躍る。今年のテーマはなんだったろうか。遅くなってしまったために見物客はまばらで、ゆっくり眺めながら歩く。ミュンヘン・クリスマス市を覗くと、店はどこも閉まっていた。大学で予定を済ませてから来たのを後悔する。仕方なく、ログハウスの小窓から商品を眺めた。スノーマンやサンタクロースが所狭しと並ぶ。よく見ると、少しずつ表情が違うのだ。

 次のお店は……。移動しようと顔を上げた時、向こうからカップルが歩いて来るのが見えた。社会人のようで、会社帰りなのか二人ともスーツを着ていた。どこのブランドだっただろう、コートは彼とお揃いだ。社会人の間では流行っているのかも知れない。彼女のタイトスカートからのびる美脚は生足で、寒くないのかなと思う。閉店した市場は電灯が少なくて、あまり顔は見えない。それでも、スーツの似合う長身の彼らは、美男美女かな、なんて勝手に想像する。
近づいてくるにつれ、なんだか鉢合わせるのが恥ずかしくなって窓のほうへ向き直る。少しお酒が入っているのだろうか、彼女の大きな笑い声が閉店した市場に響く。なんとなく興味が湧いて、あるいは彼らの関係に憧れたのかもしれないが、窓越しに二人を見てやろうという気になった。段々雪を踏む音が近づいて来る。
 
 閉店した店の窓は、辺りをよく映す。ログハウスの小窓が写し取ったのは、美人の彼女の首に巻かれた見慣れたマフラーだった。体がキュッと強張る。彼女の笑い声に交じって、よく知った優しい声が聞こえた。
「寒くない?」
「うん。マフラー、ありがとね」
 
 振りむいた先に見えた後ろ姿は幸せそうで、おろした手はしっかりと繋れていた。スーツの後ろポケットを、煙草の箱で膨らませるのは彼の癖だった。少しごつごつした手が、彼女の髪を撫ぜる。『お似合い』のカップルだった。そうそう、今日はクリスマス・イヴだっけ……。

 クリスマス市をでてイルミネーションへ戻ると、LEDの光は一斉に消えてしまった。時計台は十時を指していた。そうか、もう終わってしまったのだ。
 手稲に戻る電車の中で、明日の断りのラインを送った。ほどなくして「わかった」とだけ返事が来た。

部屋に戻ると、ルームメイトが笑顔で迎えてくれた。知ってか知らずか何も聞かない彼女の優しさを感じる。「今日は冷えるね」そう言って入れてくれたココアの甘さが、体にじんわりと染みた。
-- 続きを読む --
関連記事
短編いろいろの関連記事

[edit]

物を捨てる 

こんばんは。

夏休み恒例(?)大掃除をしています。

私は物をなかなか捨てられない性格なので、学期末にいらなくなったものをまとめて捨てるようにしているのですよね。


それで、その時必ずすることが、今までとっておいた分のプリント類も掘り返すこと。

学校の授業のプリントだったり、小説の設定集、イラストだったりがファイリングしているのです。

それを掘り返してみると、前回までのプリント整理の時は、いるものとして保管されていたものが、いらないものになっていたりする。

もちろん、必要なくなったものもありますが、大切に残しておこうと思っていたものまで、改めてみるとガラクタになっている


自分の中で大切の基準が変わったことを実感したとき、なんだか寂しい気持ちになります。


関連記事
つぶやき の関連記事

[edit]

ドロップダウン リンク

Twitter

FC2プロフ

バナー

最新コメント

最新記事

カレンダー

カテゴリ

ボタン

月別アーカイブ

blogram

ブロとも一覧